クラウドの普及とネット生活の変化について

>>

クラウドの普及とネット生活の変化について

最近では、いろいろなところで、クラウドのシステムを導入するようになってきています。
例えば、長崎県でもクラウドを導入するようになってきています。
現在クラウドというと、「クラウドコンピューティング」のことを指します。
2007年ごろからは、クラウドソーシングというのが主流でした。
クラウドソーシングとは、集合知とか、群衆といった意味合いがありました。
しかしクラウドコンピューティングの場合の「クラウド」とは、「雲」という意味合いの方が強いといわれています。
インターネット上に存在をしている、データの所在を意識しない領域という意味合いで紹介されていることが多いようです。
クラウドコンピューティングとは具体的に、データやソフトウェアについて、その所在を意識することのないサーバーのことを指します。
そして、雲のような状態になっているクラウドの中から、必要なデータを必要に応じて、サーバーの中から取り出すというシステムのことを指します。
クラウドコンピューティングですが、無料で使えるようなサービスもあります。
しかし一方で、有料制になっているものもあります。
ちなみに料金性になっている場合には、実際に使った分だけを支払うというシステムになっています。
SaaSというシステムに、非常に酷似しているところがあるといわれることが多いです。
しかしSaaSの場合、雲の向こう側にあるのは、単独の一つの会社でした。
しかしクラウドコンピューティングの場合には、必ずしも1社しかないとは限りません。
また、クラウドコンピューティングを使用するユーザーの特徴として、雲の先に何があるのかということを、あまり深く意識しないで利用していることが多いとも言われています。
クラウドコンピューティングの傾向として、電力会社とよくなぞらえることがあります。
日本の電力事情では、いろいろな電力会社が競争をする必要はないという考え方が主流になっています。
それと同じで、一部の企業だけの間で競争をするという意味で、寡占的なシステムになりやすいといわれています。

近頃良く聞くクラウド、便利なココがイチオシです


Copyright (C)2017クラウドの普及とネット生活の変化について.All rights reserved.